株株優待ドットコム 株主優待の記録

株主優待の記録と日記。株主優待を貰っても、1年たてば「どんなの貰ったっけ?」ってなってしまう。忘れないように、記録を残そうとブログを始める。

春の花と言えば梅

春、梅の季節。
 
4月の桜の方がメジャーなような気もしますが、
春と言えば「梅」
 
2月3月の時期、梅が開花します。
 
各地の公園、神社、城跡など、
梅が植えられており、梅園も数多くあります。
 
梅には500種以上の品種があるといわれており、
近縁のアンズ、スモモと複雑に交雑しているため、
主に花梅について園芸上は諸説の分類があります。
 
そのため、梅園などへ行くと、
多くの種類が植えられており、様々な梅の
色・香り・枝ぶりを楽しむことができます。
 
梅干として食べたり、古くは薬として扱われていたが、
「実」の話とは別として、梅の花。
 
春は梅の花を楽しみたい。
美しい色、梅の花の香、趣のある枝ぶり
梅を眺めれば、春を感じる事が出来る。
 
メジロやウグイスなど、野鳥の姿を見て声を聴くのも、
春、梅の楽しみのひとつですね。
 
 
>>「梅」の字の語源
 梅という字は形声字で「木偏」と「毎」からなっています。
「毎」は象形文字で本義は氏族社会の中で、子供を最も多く育てた母親のことを言います。
梅の実は、全ての枝に累々と実をつけていることからと言われています。
 昔の人は梅をめでたい樹木と考えました。
梅の語源は子孫繁栄、梅の実がなるように、子供が多く生まれ育つ。
昔の人が考えた、めでたい木が「梅の木」なのです。
 
 
>梅の歴史(弥生時代と飛鳥時代)
約2000年前に著された中国最古の薬物学書『神農本草経』に、
「梅」がすでに記載されています。
日本は、弥生時代の頃。。。
2000年前、梅は「薬」として扱われていたんですね。
同書では、365種の薬物を上品・中品・下品の三品に分類して記述しており、
梅は中品として、「気を下し、発熱による胸部煩満を除く、
心をやわらげる。肢体痛)を治す」とされていました。
 
日本へは約1500年前、飛鳥時代に薬用の”烏梅(ウバイ)”として
中国から伝来したと言われています。
これは青梅を薫製・乾燥したもので、実がからすのように
真っ黒になることから「鳥梅」と呼ばれています。
現在でも漢方薬のひとつになっています。
 
<<梅干し>>
日本の主な産地
  日本国内では和歌山県で国内総収穫量の6割以上を占める寡占状態が続いているが、
ウメの産地は全国に分布している。
 
青森県 - 収穫量国内上位。最北端の産地。
南部町(旧・名川町)、八戸市(旧・南郷村)
宮城県 - 収穫量国内上位。
蔵王町、角田市、大崎市(旧・岩出山町)
群馬県 - 収穫量国内2位。高崎市は東日本最大の産地で、全国の5 - 6%を占める。品種は「白加賀」が中心で、小梅も作られる。知名度を高めるべく、ブランド化の動きが活発である。
高崎市(高崎市、旧・榛名町、旧・箕郷町)、安中市
神奈川県 - 収穫量国内上位。古くから小田原は梅の産地として知られ、曽我梅林は梅採取用の農林にもなっている。
小田原市
福井県 - 日本海側最大の産地で収穫量国内上位。若狭地方は天保年間以来という、国内屈指の歴史の古い産地であり、「紅映」(べにさし)という品種が知られる。
若狭町(旧・三方町)
山梨県 - 竜峡小梅の栽培が盛ん。
南アルプス市(旧・白根町)
長野県 - 収穫量国内上位。竜峡小梅の栽培が盛ん。
飯田市、松川町、信州新町
三重県 - 収穫量国内上位。かつて梅栽培はそれほど盛んではなかったが、1990年代後半からミカンからの転作作物として、温暖多雨で梅栽培に適していた東紀州地方を中心に広まった。隔年統計の県では最も収穫量が多く、梅栽培の先駆的地域である和歌山県や奈良県からの入植者もいるなど、地の利を生かしている。
熊野市、紀宝町、御浜町
奈良県 - 収穫量国内上位。奈良三大梅林の一つ、西吉野の賀名生梅林や下市の広橋梅林は採取用の農林でもあり、県内産の大半を占める。
五條市(旧・西吉野村、旧・五條市)、下市町
[和歌山県 - 収穫量国内1位。「紀州南高梅」として高いブランド力を持ち、国内全収穫量の約65%程度を占める。また、主要産地のみなべ町と田辺市で県内生産量の7割強を占める。みなべ町では「紀州みなべの南高梅」を、印南町、みなべ町、田辺市と西牟婁郡(白浜町日置川地区、上富田町など)では「紀州梅干」を地域団体商標に登録している。その他、紀北の紀の川市やかつらぎ町、田辺市龍神村地区などでも梅作りが行われるなど産地は県全域に分布する。主な品種は「南高」で、稀少品種ながら梅酒用の需要が高い「古城」も特産品として知られる。
みなべ町(旧・南部町、旧・南部川村)、田辺市(田辺市、旧・龍神村、旧・中辺路町、旧・大塔村)、印南町、上富田町、白浜町(旧・日置川町)、紀の川市(旧・粉河町、旧・那賀町)、かつらぎ町、日高川町(旧・川辺町、旧・美山村)、紀美野町(旧・野上町)、すさみ町、有田川町(旧・金屋町)など
徳島県 - 神山町では「鶯宿」種を梅干しに加工し、神山ルビィという名称でブランド販売している。
神山町
福岡県 - 収穫量国内上位。
八女市(旧・立花町)、みやこ町(旧・豊津町)
佐賀県
伊万里市
大分県 - 収穫量国内上位。大山町はかつて「梅栗運動」によって県挙げての一村一品運動や町おこし運動の発端となった町である。
日田市(旧・大山町)
鹿児島県
さつま町(旧・薩摩町)