株株優待ドットコム 株主優待の記録

株主優待の記録と日記。株主優待を貰っても、1年たてば「どんなの貰ったっけ?」ってなってしまう。忘れないように、記録を残そうとブログを始める。

天ぷらを食べるには、天つゆ派 or 塩派 少数派には「ソース」「醤油」「マヨネーズ」派も

天ぷらを食べるとき、
天つゆを付けるかだろうか。
それとも塩を付けるだろうか?
 
天ぷらは、「天つゆ」と「塩」のどちらで食べるべきなのか。
天ぷらの「食べ方」について、意見が割れて結論が出ていないのでは無いだろうか。
 
最近では塩と言っても、抹茶塩に梅塩、カレー塩など様々な味の塩があります。
ひとくくりに、「塩」と言ってしまうのも、複雑な思いがありますね。
 
また少数派ですが、中国・四国地方や中部地方では天ぷらに「ソース」をかける派もいます。
さらに、「しょうゆ」や「マヨネーズ」、「ポン酢」「青じそドレッシング」「みそだれ」など様々な食べ方をしている人がいるようです。
 
好きなように楽しんで食べるのが一番ですが、
どのような食べ方があるか知り、たまには違う食べ方を楽しむのもありかもしれませんね。
 
>>素材に寄って「天つゆ」か「塩」か使い分ける
素材と調味料の「相性」があることも確かだという説がある。
アナゴやかき揚げなど味の濃い揚げ物には「天つゆ」、
キスやエビなど味の薄い揚げ物には「塩」が合うと言う考え方だ。
 
キスの天ぷらは美味いが、確かに素材の味が薄く
濃い「天つゆ」には味で負けてしまい、「天つゆ」には合わない気もする。
 
「天つゆ」か「塩」か以前の問題として、
美味しい「天つゆ」か、美味しい「塩」かと言うのも
実は大きな問題だと考えられる。
 
>>天ぷらを塩で食べるのは大阪が発祥説
下記のテレビ番組で、天ぷらを塩で食べるのは大阪が発祥と言っていました。
テレビ大阪の情報バラエティー番組「大阪人の新常識 OSAKA LOVER」
(月1回放送、25日・後6時58分、関西ローカル)
司会のサバンナ・高橋茂雄(43)、フリーアナウンサーの川田裕美(35)
 
「天ぷらの新常識」で、天ぷらを塩で食べるのは大阪が発祥と紹介。
川田アナは「東京は塩で、関西は天つゆだと思っていた。これからは東京で堂々と塩で食べたい」と声を弾ませた。
 
諸説あるのかも知れないが、ひとつの説として
大阪発祥は、マメ知識として覚えておこうw
 
>>天つゆレシピ
自宅で美味しい「天つゆ」を作るなら下記のレシピ
このレシピに個人の好みでアレンジを加え、世界にひとつ
自分だけの「天つゆ」を作ってみよう。
○薄口醤油 大さじ1
○みりん風調味料 大さじ1
○水 200cc
○鰹出汁の素 小さじ1.5
○昆布茶(昆布出汁の素) 小さじ1/2
○砂糖(甘めが好みならどうぞ) 小さじ0〜1
※当然ながら、醤油やみりんのメーカーを替えれば味も全然ちがいます!
 
>>アンケート結果の割合
某、ニュースサイトのアンケート結果によれば、
「天つゆ派」は(64.2%)、「塩派」は(35.8%)とのデータもある。
塩派は少数派のようだ。
 
 
天ぷら・天つゆ・塩、調味料関連の株銘柄
 
コード 銘柄名 市場 株価
 
2058 ヒガシマル 福証 -
2206 グリコ 東1 4900
2531 宝HLD 東1 1006
2551 マルサンアイ 名2 4040
2602 日清オイリオ 東1 3790
2801 キッコマン 東1 5710
2802 味の素 東1 1956.5
2804 ブルドック 東2 1141
2805 エスビー 東2 4270
2806 ユタカフーズ 東2 1730
2809 キユーピー 東1 2254
2810 ハウス食G 東1 3650
2811 カゴメ 東1 2852
2812 焼津水化 東1 1032
2813 和弘食品 JQ 3635